Blog Archives

勝ったらとっても楽しい。

〈7/10 阪神 4-1 ヤクルト(甲子園)〉

勝:大竹
S:岩崎
敗:奥川

二度目のヒーローインタビューでも、初々しいというかたどたどしい話しっぷりでずっと笑って聞いてしまった。

「勝ったらとっても楽しいので」

それな!
そうなんです!
勝ったらとっても楽しいんです!(笑)

プロ初スタメン、プロ初タイムリー初が並んだ野口。

「前の打席で抑えられていたので、次はなんとかしようと思って打席に入りました」

お立ち台のあどけなさとは裏腹に、第1打席に低めの変化球で三振したのを次の打席に整理して試合の中で修正してくるなど期待以上の働きに、岡田監督も思わず頬が緩む。

それに加えて、3打席目の叩きつけのショートゴロも内容があるものだった。振り切っていたからこその打球であり打点だ。

仮に今日のスタメンでノーヒットだったとしても、あのスイングならとまた機会があっただろうと思うけど、こうしてしっかり結果を出せたのだから、またチーム内の競争に一人頼もしいのが増えた。
そして、今二軍で頑張っている森下は帰ってきたら、さらにすごい活躍するんじゃないかと、嬉しい妄想は広がる(笑)

ライトに野口、レフトに右京さんという若い布陣でスタートしたこの試合だったが、感動したのはそのスタメンだけじゃない。絶対に書いておかなきゃと今はやくはやくと焦りながら書いている。

代走から野口の打順に入った島田の、7回表の足を使っての守備!
そして、8回表の位置取り確かな植田海これぞ守備固めという何気なく見せたプレーだ。

さきほど野口と右京さんを「若い」と書いたが、島田と植田だってまだ28歳だ。
スタートのオーダーに名前がなくても、いつだってどこからだって任せられるのは、彼らがしっかり準備して試合に入っているから。
だから安心してリリーフ陣が投げられるということもあるだろう。
石井やゲラ、最後の岩崎は三者凡退。

先発大竹は、先制を許しても「2回から」という気持ちでしっかり投げ余力を残して後に託し、攻撃面では逆転打そして追加点と、野手が(奇跡のような珍しい)仕事をして、中継ぎと抑えのメンバーが最後まで守り切る。

こんな絵に描いたような理想の展開、いつ以来だろう…(笑)

坂本誠志郎今季初という長打のタイムリーも見られ、あぁ…楽しいぞ!(笑)

変則日程の明日は休み。
休んでもその調子でやってくれな!

[今日のノイジー]

森下と一緒にパワーアップして帰ってきてくれるならこんな楽しみな待ち時間はないね!(妄想続いてた)

Posted in | 勝ったらとっても楽しい。 はコメントを受け付けていません

必死のパッチの2戦連続サヨナラ勝利!

〈7/9 阪神 2x-1 ヤクルト(甲子園)〉

勝:石井
敗:田口

守備固めで入ってエラー、ゲームセットが一転そこからサヨナラ負けしたとなると、自分ならうん、吐きそうw
気の毒…かなぁ今サード北村に同情する気持ちはない。うちにはもっと気の毒なやつがいるからだ。才木浩人っていうんだけど。北村は練習すればいいんだよ。でも才木はこれ以上どうすれば…!
才木は今日も好投。7回1失点。
先週7回無失点。
その前8回1失点。
試合を作るどころか、勝利投手になっても何らおかしくないのに、福岡以来勝ってないって、なんだ!?たった1点とられたからって負け投手寸前なんてこの世に正義はないのか!?キーッ!
…ふぅ…負けが消えてよかった…(最低限の最低限)

さぁて何からいこう。最終回だ。
代打野口はよく見た選んだ。
代打の原口、2アウトからよく打ってくれた。
ここまではまぁいい。
二死1,2塁で、代打…坂本!
(誰か!他におらぬのか!)(心の声)
いや坂本、よくバットに当ててくれたと思うのだ!
当てなきゃ何も起こらない。当てたら何かが起こる。
クリーンヒット打てなくても、「何か」を起こすためのことをやったのだ。このことだけは言っておきたい。

そして、二死満塁で打った近本!やっぱりなんだかんだ頼りになるのだ!

サヨナラのホームにエビぞりで突っ込んだ原口、足遅いからって気持ちはわかるけど怪我だけはやめてな!

今はこんな勝ち方しかできないかもしれないけれど、ここで勝てるか負けるかでは大違い。

そして今日も満員のファンの後押しはものすごかった(笑)

明日はもっとシュッと勝ってほしい(笑)

石井!ナイスピッチ!

[今日のノイジー]

ウエスタン。
DHで3打席立つもノーヒット…

ところでなんでリュックに大山のマスコットつけてんの?

Posted in | 必死のパッチの2戦連続サヨナラ勝利! はコメントを受け付けていません

七夕の夜のサヨナラ勝利!

〈7/7 阪神 6x-5 DeNA(甲子園)〉

勝:桐敷
敗:森原

9回裏、悪送球をしたライト度会は、前進のその守備位置でひざまずいて立ち上がれなかった。
牧と京田に立ち上がるように促され励まされながらようやくベンチへと歩を進めた。
歓喜のタイガースの輪の横をうつむいて歩く度会を、ベイスターズベンチはみんなで迎えた。

ベイスターズは度会のエラーで負けたわけじゃない。
それどころか、ライトゴロを狙った瞬時の判断と挑戦には敵ながら驚きもしたし、実際、打者走者原口の足ならアウトだったように思う。

長い試合になったが、いい試合だったな。
初回、満塁で無得点だった時点で白目むいたけどな。
2回3点もとられてもう終わったと思ったけどな。
5回、また追加されて、終わったと思ったのにまだ見てる自分なにやってんだと思ったけどな。

5回裏、ピッチャーの打順に代打で出場した野口がプロ初ヒット!
度会の後逸もあり(度会おい!)、そのまえにヒットで出塁していた一走小幡が一気に生還。
そして近本も久々タイムリー。

野口は6回にも犠牲フライで今度はプロ初打点。
野口がチームを元気にしてくれたような気がする。
お母さんが観に来てたんだね。超親孝行。

そして、一緒にお立ち台に上がったのは、育成出身の野口のことがかわいくてたまらない様子の原口。

試合前には、9月に手術を受けるという男の子にエールを。
その原口がヒーローになるのだから、いい七夕の夜になった。

お立ち台では、
「お母さんやったよー!」と叫ぶ野口に続いて
「恭佑のお母さんやったよー!」原口も。

ずっと追う展開だったが、8回にも繋いで中野のタイムリーで追いつめていくなど、今日は諦めの悪いタイガースが勝利した。

9回桐敷のこの日初めての三者凡退。負けている展開でもしっかり自分の仕事をしてくれたから、このあとのサヨナラ劇が生まれたのだとも思う。

もうちょっと早く楽な展開できたぞ、と思う一方で、でもそうならなかったから原口がヒーローになったのか。
深く考えるのやめたw

原口!声出しのバモスもありがとう!

[今日のノイジー]

ノイジー探してるのに、二軍降格後すぐホームラン打ってる森下の話題ばかりだ!
いいぞ森下!

Posted in | 七夕の夜のサヨナラ勝利! はコメントを受け付けていません

岩崎渾身のガッツポーズ!

〈7/6 阪神 2-1 DeNA(甲子園)〉

勝:伊藤将
S:岩崎
敗:森唯

オースティンの先制ホームランがあり1点を追う5回裏。
この日森下の抹消もありライトで6番の打順に入っていた島田は内野安打で出塁すると、次の坂本の打席で盗塁を成功。エンドランなどかけながら、坂本はサードゴロ。しかし打球が死んでいたためこの間に島田が3塁へ進塁。

「打球が人のいないところに飛びますように」
―坂本誠志郎

クスッと笑える一文だが真理。坂本が短冊にしたためた願いは原点だ。
野球というスポーツは、人のいないところに打球を飛ばすスポーツだ。
ただし、“人のいるところ”へ転がっても、会心の当たりでなくても、その到達時間が長ければチャンスは広がるというオプションがあるのも野球の面白さ。身をもって示してくれた坂本には感謝したい。(したい)

こうして一死3塁。
打席には8番小幡。バットに当てるという使命をヒットという最高の形で果たしてくれた。
打球が1,2塁間を抜けたときの嬉しさったらなかったな。あぁ、これが野球やで(笑)

そして一死1塁。伊藤将司で確実に送って…と思ったら、伊藤将司はどうやらサインの見落とし。1球タダで見送っただけになってしまいスリーバント失敗。「人の話をきかない」とチームメートからもいじられるが、サインも見んか。…えっと、意識が次の投球にいってたってことでここはひとつ進めようと思います。(ファシリテーションスキル)

今日の伊藤将司のピッチングが本当によかった。
半袖から光る腕もよかった。…はいいか。
伸びのあるストレートに、注文以上のところに決まる変化球。
これだこれ。伊藤将司はこんなだったとしばらくちょっと懐かしんでた。
自身はこれで4勝4敗。ここから貯金していってほしい。(聞いてるか野手)

そして追加点のほしい6回裏。
チャンスで打席に入ったのは佐藤輝明。
2アウトでピッチャーは森唯斗からディアスに代わってその1球目を叩く。
欲しかった追加点が欲しかった人から!ライトの前で弾んだ打球にスタンドから大歓声!

これで今日は乗っていけると思ったけれど、今日もここまで。
最終回を1点だけのリードで迎えた。
岩崎。

私は今日岩崎がお立ち台に上がってもいいと思ったぐらい。
桑原、オースティン、牧、宮崎、佐野…ベイスターズが誇る強打者が並ぶ。
実際に何度もやられてきた。

この日、岩崎から学ぶものはたくさんあった。
あの投球フォームはマネできるものじゃないけれど、イヤな感じのする打者相手に無理に勝負にいかなくていい。
解説の真弓さん「最後に投げるピッチャーの責任」と讃えたように、岩崎の凄さはここにある。
ランナーを背負うというプレッシャーが自分にかかっても、イニングを0で抑えるためのプランと信念をもって投げ切る。
牧から見逃し三振をとった膝元への糸を引くようなストレートにはしばらく鳥肌が収まらなかった。

あと一人というところで宮崎にはフォアボール。
安藤コーチから水を受け取って喉と頭を潤す。マウンドに集まったみんなには笑顔も見せたが余裕からではなく岩崎の習性のようなものだ。

塁上の走者二人ともに代走が出され、佐野との勝負。
一打同点、いや逆転もある場面。
初球はアウトコース、2球目はインコース、2球とも続けて外れる。
3球目、岩崎が投げたのは2球目と同じコースのストレート。
佐野はこれに反応、引っ張った打球はするどい当たりに…しかしそこは大山の正面!
スリーアウト!
岩崎は大山へ指を刺したあとガッツポーズ。思わず出たのであろうこの珍しいリアクションにいかにこのイニングが厳しいものだったか改めて思い知る。
岩崎本当にありがとう。素晴らしいピッチングを見せてもらった。

こうして岡田監督は、球団監督として歴代最多となる通算515勝目を挙げた。
514勝目には「そんなのええよ」と言ってたウイニングボールだったが、坂本から受け取ったそのボールを見つめるような場面もあった。大事にしてな(笑)

さぁ監督の516勝目、取りに行くで!

[今日のノイジー]

「人がいないところに打球が飛んでいきました!」

7回裏の坂本のヒットに橋本アナ。
それワシ言いたかったやつや!(喜)

Posted in | 岩崎渾身のガッツポーズ! はコメントを受け付けていません

ねがいごと

〈7/5 阪神 1-2 DeNA(甲子園)〉

勝:ウィック
S:森原
敗:石井

昨日の日記のタイトルなんですけども、坂本がちなんでくれないものだから、7月4日で「ナシ」ってちなんでみたんですけれども、気付いてくれまし…あっ、いいんですいいんです。全然全然(低姿勢風)

さて。
今日の声出し、満を持しての糸原でしたね。糸原のニヤけ顔ほんと好きだ。ま、一日でまた交代ですけども。

さて。(2回目)
今日も決定打欠く打線。唯一の得点は近本の犠牲フライ。
1-1で延長戦。
10回表、石井のワンバンを止めようとした梅野は咄嗟に右手を出してしまう。
一旦治療に戻るがまたすぐにグラウンドへ。
昨日のバッテリーミスを取り返したい、何としても止めたい梅野の気持ちは出ていたが、だからって素手に当てていいわけがない。怪我しちゃあかんのだ。

「タイガースの全員が無事にシーズンを終えることができますように」
大山が七夕の短冊に込めた願いの主語は「全員」。
最後はいい顔でみんなで喜びたい。

石井は次もフォーク思い切って投げような!

ビーズリー熱かった!ナイスピッチ!

[今日のノイジー]

ファーム試合ないんかー!

Posted in | ねがいごと はコメントを受け付けていません

3つはナシ

〈7/4 広島 7-5 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:島内
S:栗林
敗:島本

坂本の試合前声出しは、ひとことだけだった。
「3つとるぞー!」

ぐぬぬ…長尺のネタ期待してたのに!
「独立記念日」でも「梨の日」でもないんか!

しかも、そのひとことだけ言って「さぁ行こう」で押し切るとは!
さてはちなみ切れんかったな?
あ!そうか!まだまだ声出し続くから、小出しにしたのか!
声出しでも頭脳派…やるなぁ。

って負けてたら頭脳派ではないから、やっぱりその日その日出し惜しみせず全力でいかなあかんな。

声出しは今日で終わった…

積極果敢に足を使ってくる攻撃と、菊池の好守備。
それにタイガースのミスもいくつか重なり、「3つ」は逃した。

けれど、9回の追い上げ、大山のホームランも出て、出したくなかったはずの栗林まで引きずり出した。

新井監督も3つは負けられんわけで必死。
新井さん、監督になってもあんないい顔で笑うのずるいな。

甲子園帰って、相手は変わるけれど、状態は底を脱したと思う思いたい思おう。

まだまだ!これからやで!

[今日のノイジー]

帽子に鳥の羽つけてる。おまじない?

Posted in | 3つはナシ はコメントを受け付けていません

テル2本!

〈7/3 広島 1-2 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:大竹
S:岩崎
敗:九里

123打席ぶり…もちろん数えてなかったけど、長かったな…
佐藤輝明のホームラン。
テルが打席に立つとホームランを期待して見てたわけなのだけど、最近は内野安打でも打ってさえくれればなんでもいいと思ってた。
このホームランまでは。

「1本打ったらもう出るやろ!」
思考は急展開。
テルの内野安打?誰が見たいねんそんなもん!ホームランや!ホームラン持ってこい!(酒の言い方)

2本目は自身のエラーが元で同点に追いつかれた直後のイニング。
外のボールに当てただけのようなスイングながら、打球はのんびりレフトスタンドへ。
1本目に比べ決して簡単なボールではなかったと思うのだけど、あれが入るか…!
なんにせよお詫びの1本、許しちゃろ。

この日は(も?)拙攻も拙守も散りばめられたゲームだったが、大竹が打者翻弄する深イイピッチングで7回まで、以降をゲラ、桐敷、岩崎で繋いだ投手陣の奮闘ぶりったら今日もたまらん。ポイントカードならもう2冊目に入った。

それにしてもサヨナラのあるビジターで、どうしてこうも1点のリードしかないのか。
投手陣にかかる負担はえげつないはずなのだけど、そのうち逆に礼を言われそう。「1点もリードしてくれてありがとう」って。それを聞く野手陣、素直に「かまへんかまへん」とか言いそう…。投手陣のイヤミ全然通じなさそう…。

まぁでも今日はどんな形でも勝てればよかったのだ。
今日と言わず明日もだ。
試合前声出しを坂本誠志郎がやっているのだ。昨日からだ。
坂本が熟考したであろうネタを拝聴できるのだ。
なんというありがたいイベントだ。

昨日は、新しい月に入ったということ。
今日は、新札発行の日にちなんで。(?)
明日は、なにかなーアメリカ独立記念日かなー。ちなめるかなー(笑)

なのでなんとしても連勝続けてくれ。
さぁいこう!

[今日のノイジー]

ファームはどれどれ…ミエちゃん打っとんな♪

!!井坪陽生!5打数4安打2打点ってなんじゃこりゃ!うは!

Posted in | テル2本! はコメントを受け付けていません

熱投才木と小幡と島田!連敗ストップ!

〈7/2 広島 0-3 阪神(マツダスタジアム)〉

勝:岩崎
S:ゲラ
敗:島内

新井さんはブルペンコーチにブチ切れたりしないんだね。つまらん(笑)

さぁいこう!(笑)
延長に入った10回表!
カープ島内が誤算だった。いや言わせて。誤算を招いた選手が我らがタイガースにいた。小幡だ。
小幡がもぎとったフォアボールと足が、今日の勝利を手繰り寄せたのだと言いたい。
小幡と島田か!(増えた)
ちょ待って整理しよう。戻るわ。

0-0の8回表(最初から8回から書けばいいのにな)、この回先頭の小幡がヒットで出塁。
ピッチャー才木の打順で島田が入った。ピンチバンターだった。
キャッチャーの目の前に転がしてしまった島田だったが、一走小幡がもうめちゃめちゃ速かった。本能で2塁へ送球した會澤だったが、小幡はセーフ。島田も生きた。
ま、得点はできなかったんだけどもね。
森下vs森下の汗のしたたる対決は見応えあったんだけどね。
島田は森下の代わりにそのままライトの守備へ。

9回裏、一死1塁、菊池のライト前方へ飛んだ打球にチャージした島田。ギリギリスーパーキャッチ!ギャンブルだったが島田の腹をくくったプレーには、テレビの前だけどいつまでも拍手を送った。
突っ込んだからには捕らないとサヨナラ負けしていた。戦犯だと言われるだろう。それでも飛び込んだ島田のその勇気と挑戦に、目頭が熱くなった。

そして10回表。
小幡がフォアボールで出塁。そしてエンドランがかかって島田がライトへのヒット!
ライトの野間は8回の小幡の足が脳裏によぎった?送球は大きくカメラマン席へ。テイクワンベースで欲しかった1点が入った!

まだまだ!
島内を揺さぶって、一死2塁で近本。
8回には岡田監督のささやきアドバイスに応えることこそできなかったが、前進守備のレフトの頭を越えて待望の近本にタイムリー!
ピッチャーは島内から河野へと替わったが、同じく8回のチャンスにもバットに当てることすらできず空振り三振していた中野も続いた!
1、2番が打ってくれた!懐かしい!(笑)

10回裏はゲラが一死満塁という思い返すだけで息が止まる大ピンチを招くも、代打松山を最高のダブルプレーにとってゲームセット。

…というわけで、今日は小幡と島田なのだ!
ヒーローインタビューは島田になったが、ホームならぜひ小幡も呼んでほしいと思う活躍だった。
2人は、まだそれぞれ「代役」の域を抜け切れていないかもしれない。
けれど確実に今、外せないピースになっている。

でもな!才木が投げてるうち、いやせめて代打で出た8回に、点はとってほしかった!まじで!もー!

才木!素晴らしいピッチング今日もありがとう!

[今日のノイジー]

鳴尾浜で2ベース2本!
2本目はしっかり走ってたら3ベースいけたけどなー!(容赦ない苦言)

Posted in | 熱投才木と小幡と島田!連敗ストップ! はコメントを受け付けていません

大逆転くらう

〈6/30 ヤクルト 6-5 阪神(神宮)〉

勝:木澤
S:田口
敗:漆原

近本が3試合ぶりに1番センターで復帰。
では2試合連続のマルチヒットを記録している島田がベンチスタートかと思いきや、打撃不振で岡田監督のお叱りを受ける形になっている森下がベンチ。
怒って使うは岡田監督の常套手段。森下は7回表、代打で登場。スタンドは沸く。そのまま守備に就かせてもらうあたりどうしたって期待の表れ。

ゲームは、大山に先制のソロとタイムリーヒットが出た。
盗塁を刺すなど先発西勇輝を攻守ともに引っ張った梅野にも勝負強さが戻って2安打2打点。
ツキもあったタイガースがこのまま勝利するものと7回表の大山の2安打目を見届けて、私は家を出た。

スマホの画面に貼りつけているスコアが目に入った。
1点を追加されたがまだこのときは余裕があった。
桐敷も打たれることもあるよそりゃ。ぐらいだった。

ところがそのあとさらに失点。まさかだが逆転されている。
一体何が起こっているのか、たまらずスマホで中継を観る。
植田海がホームでうつぶせになってるシーンだった。

帰ってから録画を見直した。
回した藤本コーチを責める気にはなれないな。
レフトからショートを経由してのホームへのストライク返球はものすごい速かった。これぞプロの中継プレーだった。
アウトだったけど、もしも返球が逸れて植田海がホームインしたら同点。ランナーも残っているから勢いは十分にタイガースが取り戻すことも考えられた。

今日はベンチで負けた。
継投ミスは、ブルペンとの連携が不十分だったから。
責任は岡田監督にある。
うまくいかないときほどコミュニケーションを。

勝ちを消された形となった西が、打たれた漆原を先頭で出迎えていた。

いい選手、いいコーチが揃っているから、しっかり音頭とってな!岡田監督!

[今日のノイジー]

岡田監督さ、どうしちゃったんだろね!

Posted in | 大逆転くらう はコメントを受け付けていません

奥川995日ぶり神宮勝利

〈6/29 ヤクルト 6-1 阪神(神宮)〉

勝:奥川
敗:伊藤将

28日神宮のカード初戦は雨で中止。
先発は伊藤将司と、先日京セラドームで涙の復活勝利を遂げた奥川。

その注目される立ち上がりの初回、奥川は無事3人で終えベンチに戻る。自分自身に「よし」と声にし、チームメートからの声掛けに「ありがとう」と笑顔で答えると、満員のスタンドを眺めた。

このときの表情がとても印象的だったのだけど、そのワケはヒーローインタビューにあった。

「満員の神宮球場、僕は初めての経験だったので」―

コロナウイルスはなくなったわけではないけれど、日常を取り戻した世界で生活している私自身、あのコロナ渦は過去のものになってた。

高卒での入団1年目はコロナ渦。
9勝を挙げた2年目は入場も声出し応援も規制の中。
期待された3年目、自身の開幕戦となるゲームで右肘痛による降板。
以来、ここ神宮では投げてもいなくて、ファンも待ち望んだ登板となった。

満員の神宮球場。
奥川には初めての景色で、やっと今日あのコロナ渦から戻ってきたってことか。
おかえり奥川!

・・・・・だからってな、おい。

しかし君らはラッキーだ。今日は奥川に花を持たせてやったってことで許してやろう。やさし!我ながら無駄にやさし!

野口!デビューおめでとう!
不本意ながら初打席はデッドボールという結果になってしまったけど、あとの2打席の初球から打っていったの、めちゃめちゃいい!
これはまた見たいって思わせたな!

エラーの小幡よ!いいとこなかったな!(言う)
次やりかえしてな!

[今日のノイジー]

野口と入れ替わり、今季二度目の登録抹消。

Posted in | 奥川995日ぶり神宮勝利 はコメントを受け付けていません