ビッグフィッシング

週末釣場情報

今週末、週明けにどこで何が釣れるのか!?地域別に徹底解説!
情報提供: (週刊釣場速報)

※2024年6月13日時点の情報です

【01】日本海

地図

京都・宮津沖でノマセ釣りのアコウが入れ食いモード。よい人36尾など大釣りが続出中で、美味な高級魚が堪能できます。宮津湾のボートはキスの食いが本格化しています。
福井・大島-小浜沖ではスルメイカが絶好調。オールナイト便ではよい人3ケタ釣果も続々と出ています。小浜沖のイサギ狙いは40㌢前後を頭に50尾超の大釣りもありました。


【02】瀬戸内・大阪湾

地図

兵庫・明石海峡周辺のマダコの好釣果が止まりません。よい人30パイ以上で、サイズも2㌔や1㌔級が上がっています。今シーズンは当たり年なので、初めての人にもオススメです。
大阪湾・各沖の五目狙いは、40㌢級の「鬼アジ」が上がっており、見逃せません。30㌢級の中型でも釣り応えも食べ応えも十分です。ほかマダイやガシラの土産も期待できます。
徳島・阿南沖では、シロアマダイがタイラバ、エサで好調に釣れています。釣れているサイズもよく、50㌢級の大型も上がっていました。


【03】和歌山

地図

加太沖ではマダイの食いが上昇! 1人2ケタ超と爆釣していた日もありました。湯浅の磯、三尾川のカセではアオリイカが引き続き好調に釣れています。


【04】三重

地図

鳥羽・国崎発の天ビンズボでイサギが大型まじりでコンスタントに上がっていてこれから最盛期を迎えるぞ。南伊勢・礫浦発のSLJ(スーパーライトジギング)もメジロやアカハタなど魚種多彩で楽しそうです!


今週の週刊釣場速報

週刊釣場速報チラシ

今週の週刊釣場速報(6月14日発売)は、鳥取沖のシロイカに注目。良型まじりに上がって、今後さらに盛り上がること必至なイカメタルをレポートするほか、爆釣に繋がる、レアなご当地アイテムも紹介します。


ほか、「船タコ最新事情」、「きくりんのFishing School」、「Nomi's LABOTORARY」、「落谷忠の釣れへん時もある」など、連載も盛りだくさん。
週刊釣場速報は関西の駅売店、コンビニ、釣具量販店で毎週金曜日発売です。